バブリー城。もといストローウィック城。  
 
「トップ〜。ごはんだよ〜」  
 
 朝から元気な声を出すのは、7,8歳ぐらいのパジャマ姿の小さな女の子。  
 この城に住んでいるリズちゃんです。  
 
「ほらトップ。今日は朝からお肉だよ」  
 
 そう言ってリズちゃんが差し出すのは特大のお肉。  
 差し出されたのは、大きな虎です。  
 
 仲良しの冒険者のお姉ちゃんが、冒険で大成功してお城をもらい。  
 虎のトップとリズちゃん一家は、この城に住まわせてもらっているのです。  
 そのお姉ちゃんことレジィナは、人魚のお姉さんに頼まれて、  
ダークエルフ退治に出掛けました。今は留守です。  
 それでリズちゃんはちょっと寂しくなっちゃいましたが、でも精一杯元気を出します。  
 大好きな虎のトップといっしょだから!  
 
「がうるるるるるる・・・・」  
 
 あれれ?  
 でも、そのトップの様子がちょっと変です。  
 檻の中で、がうるると唸っていますよ。  
 それに目も血走って、体をすりすりとあちこちにこすりつけています。  
 まるで、何かに焦れているようです。  
 
「トップ? どうしたの?」  
 いつもは大人しいトップの変な様子に、リズちゃんは心配。  
 
「トップ〜。しっかりして〜」  
 今にも泣きそうな顔で、檻を開けてトップに駆け寄るリズちゃん。  
 まだ赤ん坊のトップを拾ったあの日から、トップは大好きな家族です。  
 
 劇団を解散したときも。  
 サーカス団にいたときも。  
 殺人事件に巻き込まれたときも。  
 レジィナにお金を貰って田舎に隠れていたときも。  
 
 ずっとずっといっしょのだいじなおともだち。  
 でも。  
 
「がうるる」  
 
 そのトップは血走った目で、どんとリズちゃんを突き飛ばしました。  
 
「きゃあっ!」  
 
 思わずしりもちをついちゃうリズちゃん。  
その上にトップの黒い影がのしかかります。  
   
「がうるる」  
 
そしてトップの鋭い爪が、リズちゃんのパジャマにかかります。  
 
びりりりりりり・・・・  
 
 真一文字に紙のように切り裂かれるリズちゃんのパジャマ。  
 幼女のプニプニの柔肉がさらされます。  
 プニプニ  
 
 裂かれたパジャマから除くのは。  
 よく日に焼けた健康的なプニプニお肌。  
 ちっちゃなちっちゃな桃色の乳首。  
 そしてついでにパンティまで引き裂いて、小さなたてすじも見えちゃいます。  
 
 たてすじ。縦すじ。たて筋。タテスジ。  
 
 とにかく! まだ毛も生えていない幼女の割れ目です。  
 
「やーん。トップのえっちぃ〜」  
 
 慌てて隠そうとするリズちゃん。  
 でもその前に、トップが股間をクンクン嗅ぎます。血走った目で。  
 そして何を思ったか、ぺろーんとあそこを舐めました。  
 
 ぺろーん  
 
 以前、人間の皮をぺろっと舐めて剥いたことがあって怒られたトップ。  
 リズちゃんの幼い割れ目を傷つけないように、優しく優しく舐めあげます。  
 
「ひゃううぅん!」  
 
 あそこをぺろっと舐められたリズちゃんは、  
ぴりっと痺れる感触に、びりりっと震えます。  
 
ぺろ・・・ぺろ・・・・  
 
 虎の大きな舌が、幼女の幼い割れ目をぺろんぺろん。  
「ひゃああぁ・・・・! だめだよぉ・・・・!」  
 リズちゃんの小股が、じんわりと熱を帯びます。  
 
「だめぇ! トップやめなさい!」  
 
 目に涙を浮かべ、リズちゃんが叱りつけます。  
 いつもなら、これで言う事聞くはずですが。  
 
「ハァ・・・・ハァ・・・・・」  
 
 トップは発情した息を吐き、ヨダレを垂らして、リズちゃんのあそこに鼻を突きつけます。  
 
「やーん」  
 
 あそこをクンクン嗅がれて、もじもじしちゃうリズちゃん。  
 なんだかお腹の奥がジンジンしちゃいます。  
   
 おしっこがしちゃいたくなるような、むずむずする感覚。  
 いえ、これはおしっこが出る感覚です。  
 
「やーん。出ちゃうよぉ」  
 
 おしっこが、おしっこが出ちゃいます! 出ちゃいます!  
 
 それを知ってか知らずか、鼻頭を突きつけたまま、ちろっと舌を出して、刺激を与えるトップ。  
 
「はうー。はうーん。だめー」  
 
 トップの頭をぎゅっと押さえ−  
 じゃー  
 リズちゃんは粗相しちゃいました♪  
 
「いやぁ・・・とまってえぇ・・・・」  
 
 トップのお顔に、しゃーとおしっこしちゃったリズちゃん。  
 
 おしっこしゃー、おしっこしゃー、しゃー♪  
 
 鼻っ面にお水をかけられ、トップはちょっと嫌そうな顔をして、身じろぎました。  
 
 そのスキに、おしっこの止まったリズちゃんは、  
トップの下から這い出し、背中を向けて、うつ伏せで逃げ出します。  
 
 でも。  
 
 そのリズちゃんのお尻を、トップはじっと見ていました。  
 パジャマを引き裂かれ、むき出しになった小さな小さな丸いお尻。  
 
 かぷっと噛みたくなっちゃうような、小さな小さな丸いお尻。  
 でも噛んじゃうと痛いです。  
 
 だからトップは、そのひょこひょこ揺れるお尻も、ぺろんと優しく舐めました。  
 
「ひゃうんっ!!」  
 
 四つん這いのまま。ひくっと震えちゃうリズちゃん。  
 その背後からトップが上に乗り、リズちゃんを地面に押し付けます。  
 
「きゃあっ!」  
 重いトップが体重を乗せたら死んじゃうので、そこは加減してます。  
 
 リズちゃんを上から覆い、血走った目をお尻に向けるトップ。  
 
 ハァ   ハァ    ハァ  
 
 自らの腰を、リズちゃんのお尻に叩きつけます。  
 
「ひゃあっ!」  
 
 痛みに悲鳴をあげるリズちゃん。  
 何か大きくて固い棒が、股間の前の穴に、叩きつけられます。  
 
 それはトップのボッキした虎ちんこ。  
 
 実はトップは、リズちゃんが来る前から勃起してました。  
 すなわち発情期なのです。  
 その猛りを鎮めるべく、リズちゃんの幼女まんこに、バックから挿入しようとします。  
 
 でもリズちゃんはまだ初潮前の幼女。  
 トップのどでかい虎ちんこが入るわけありません。  
 
 ミシ・・・・・・ミシ・・・・・  
 
「ひやああああああっ!!! いたい! いたいよトップ!!  
 いたいったらー! トップー!!!!」  
 
 トップのお腹の下で、虎ちんこをねじ込まれるリズちゃんが、精一杯の声で泣きます。  
 でもトップはやめません。  
 リズちゃんの割れ目が、限界を超えて引き裂かれます!  
 
 ミシシシシ・・・・・  
 
 でっかい虎ちんこに、血を流して切り裂かれる幼女まんこ。  
 
「ぎぎゃあああああああああああぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!」  
 
 リズちゃんが痛みに顔を上げ仰け反り−  
虎ちんこの先端が、わずかに、わずかにだけ埋没し−  
 
 しゃああああああああああ  
 
 トップは勢いよく射精しました。  
   
「あ、ああああ」  
 
 背中に掛かる熱い液体に震えるリズちゃん。  
 わずかにだけ膣内に注がれ、ほとんどがリズちゃんの背中に掛かりました。  
 
「トップの・・・・ばかぁ・・・・」  
 
 背中に熱い衝動を感じながら、気を失うリズちゃん。  
 気を失い反応を無くした幼女に、トップはさらに射精し続けます。  
 
 彼女の両親が気づいたとき。リズちゃんは虎精液の海に沈んでいたそうです。  
   
 そして。  
 助け出されたリズちゃんは高熱を出してしまいました。  
 こうして、レジィナが呼び出されたのです。  
 
(めでたし、めでたし)  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券