がしゃんがしゃん  
 からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜・・・やっぱりイリーナか・・」  
「もう。やっぱりじゃないですよ」  
「そんな大音立てて歩いてたらすぐ分かるわよ・・・ぐはあっ!(吐血)」  
「マ、マウナ!? どうしたの?」  
「ごめん! 持病の<橋の下に行きたくなる病>が出たみたい!  
 あとはよろしく!」  
「ええっ? マ、マウナ!?」  
「じゃあ、あたしは橋の下でティソダーをみみっちく擦り合わせてるから!」「マ、マウナ・・・・!? 分かりました!  
 イリーナ・フォウリー、正義の為にウェイトレスをやります!」  
 
 お着替え中  
 
「あら。イリーナちゃん、ウェイトレスも似合うのね。  
 でもその背中の<風林火山>と<特大グレートソード>は何かしら?」  
「はい! どんなお客さんにも対応できるように、準備は万端です!」  
「そう・・・頑張ってね。マウナちゃん早く戻ってきて」  
 
 この日<青い小鳩亭>に新たな看板娘が誕生した。  
 見た目は茶髪の可愛いウェイトレスさん。  
 背中には特大クラブとグレートソードの二本差し。  
 
 これは、ウェイトレス・イリーナの巻き起こす、  
 血と殺伐と感動の物語・・・・ではない。  
 
 
 今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「ドナタデスカ?」  
「もうヒース兄さん。わたしですよ」  
「おお。本当にイリーナがウェイトレスやっとる」  
「もう。なんですか、ヒース兄さん。  
 わたしだって、ウェイトレスさん出来ますよ!」  
 
 くるっと一回転  
 
「うっ・・・・ちょっと、キタカモ・・・・。  
 い、いや、待て俺。中身がイリーナのウェイトレスを可愛いと思うなんぞ、  
あってはならんことだ」  
「ヒース兄さん。なに動揺しているんですか?」  
「イ、イヤ、ナンデモナイデスヨ」  
「ではご注文をどうぞ。お客様」  
「うむ。ではいつものレアな焼き鳥を・・・・いや待てイリーナ!  
 あの盛大に気絶した男たちの山はなんだ!」  
 
<青い小鳩亭>の一角。築かれた男たちの山。  
 
「あー、あの人たちですか。  
 わたしのお尻を触ろうとしたので、ちょっと気絶してもらいました。  
 あ、ちゃんと<手加減>はしてますよ」  
「イリーナのお尻・・・・気持ちは分かるが、勇者な連中め・・・・」  
「ヒース兄さん・・・・なにわたしのお尻見てるんですか?」  
「カワイイオシリジャネーカ」  
「もう。ヒース兄さんのエッチ♪」  
 
 ばしーん  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「やあイリーナ。ボクも手伝いに来たよ」  
「ノリス・・・その格好・・・」  
「ノリス? 違うよ。今のボクはノリーナさ!」  
 
 くるっと一回転  
 
「ノリーナ、キター!」「ノリーナ! ノリーナ!」  
「あああ。わたしよりもみんなノリーナにイッちゃってる!」  
 
「みんな騙されちゃ駄目だ! あれは男だ! 男なんだ!」  
 
「男でもいいぞ!」「いや! むしろ男だからいい!」  
「そうだ! 男だからいいんだ!」「可愛いから許す!」  
 
「あああ。騙されてる! みんな騙されてる!」  
 
「うふっ。そう言ってないで、君もボクといいことしようよ」  
「うわっやめろ。こっちくるな! ぼくはエルフ一筋だ!」  
「じゃあツケ耳」  
「うっ・・・卑怯! 卑怯すぎる! ああ、なんだこの胸の高まりは・・・・  
ツケ耳だって分かってるのに・・・! マウナさーん!」  
「ああっ。エキュー!」  
 
「じゃあ。今日からボクも、ここでウェイトレスやるね」  
「うん・・・・よろしく・・・・」  
 
 この日。<青い小鳩亭>に新たな看板娘(?)が誕生した。  
「みんな! 騙されちゃ駄目だ!!!!」  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「おお。イリーナ。がんばっとるの」  
「あああ。ガルガドさん、ガルガドさん」  
「うっふ〜ん。ガルガドさん、いらっしゃいませ〜」  
「お前はよるな! クソガキ!」  
 
 どげし  
 
「あああ。騙されない人発見!」  
「よし。おやっさんもウェイトレスを・・・・!」  
「お前はもう黙っておれ」  
 
 どげし  
 
「さすがガルガドさん。ご注文をどうぞ」  
「ところでイリーナ・・・・」  
「はい。なんでしょうガルガドさん!」  
「そのグレートソードで、台所ごと素材をなます切りにするのはよせ。  
 客がみんな逃げ出したではないか」  
「てへっ」  
「ああ。マウナちゃん。早く戻ってきて」  
 
 その頃。橋の下のマウナ。  
「うふふ。やっぱり橋の下でティソダーをこすりあわせるのは、心が落ち着くわ〜」  
「マウナさん・・・・なんて落ちっぷりだ・・・」  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「おなかぺっこぺこだおー」  
「あれエキュー。そのちっちゃいエルフの女の子どうしたの?」  
「うん。そこの道端で保護者と一緒にいたから、承諾なしで連れてきた」  
「あの。それ犯罪・・・・」  
「おなかぺっこぺこだおー」  
「はいはい。じゃあ僕といっしょにご飯にしようか。  
 あ、イリーナ。個室にいるから、ご飯運んできて」  
「え? え? え?」  
「おなかぺっこぺこだおー」  
「はいはい。お部屋で、僕といいことしようね」  
「エキュー・・・・ちょっとお待ちください」  
 
−−−−−−−−強制終了−−−−−−−  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜。あ、ヒース兄さん」  
「ようイリーナ。はっはっは。今日もウェイトレスか」  
「はい。ご注文は何にします」  
「そうだな。ん?・・・なあイリーナ」  
「はい。なんでしょう」  
「この<イリーナ特別サービス>というのはなんだ?」  
「はい。わたしが個室でお客さんに特別サービスするんです」  
「個室でって・・・・どんなサービスを!?」  
「それはわたしとお客さんの秘密です」  
「・・・・では俺が買おう」  
「は〜い。イリーナ特別サービス、一名様ご案内〜」  
 
 (個室移動中)  
 
「で、何をするんだ? むふー(鼻息荒く)」  
「うふふ。ヒース兄さん。ちょっと動かないでくださいね」  
「ってイリーナ・・・・・急に抱きついてなにを・・・・!」  
「と・く・べ・つ・サ・ー・ビ・ス♪」  
「うわー! イリーナがいつもこんなことを・・・・!」  
「えい!」  
「えい!って・・・ぎゃー!」  
「あれれ? また気絶しちゃった。この特別サービス、刺激が強すぎるのでしょうか」  
 
 イリーナ特別サービス<締め付け>  
 もはや何も語らず  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「ままー。正義をちにきました」  
「ちびーな! どうして、こんな所に!?」  
「正義をちにきました」  
「それにそのウェイトレスの格好!?」  
「えへへー。かわいいでつか」  
 
 くるっと一回転  
 
「チビーナ、きたー!」「チビーナ! チビーナ!」  
「えへへ〜。正義をちにきました」  
「でも、そのウェイトレス服は?」  
「それは、私が用意しました」  
「ムッシュ!? <うなずく小鳥亭>のフランツさん」  
「はい。新しい食材を探していた処、偶然出会いまして」  
「そうなんだ」  
「今日は皆さんに、私の新作料理をお持ちしました」  
「へー。どんなお料理なんですか?」  
「はい。アルウラネのサラダと姿焼きです」  
「・・・・フランツさん。ちょっとそこ動かないでください」  
 
−−−−−−−−−強制終了−−−−−−−−−−−  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「わ〜。このお店、アットホームで落ち着くわ〜」  
「ああ。なんだかリファールにいた頃を思い出すな」  
「は〜い。冒険者様六人組ご案内〜」  
「あ、ここ特設ステージがあるんだ」  
「はい。普段はドワーフの吟遊詩人さんに唄ってもらってます」  
「じゃあ私が唄ってもいいかな?  
 冒険の最中に作った歌があるんだけど」  
「はい、いいですよ〜。ぜひ聞かせてください」  
「では一曲。歌は『怪物たちの晩餐』」  
 
 『怪物たちの晩餐』演奏後  
 
「モンスターを育てる邪悪な砦!  
 イリーナ・フォウリー成敗に行って参ります!」  
『わー。待て待て待て〜』  
「スネア〜」  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「あら。なんだか、小さいけどアットホームな良い店ね」  
「うにゅう。オランで駆け出しだった頃を思い出すにゅう」  
「は〜い。冒険者様六人組ご案内〜」  
「あ、ここ特設ステージがあるんだ」  
「はい。普段はドワーフの吟遊詩人さんに唄ってもらってます」  
「じゃあ、わたしが唄ってもいいかな。  
 冒険の最中に作った歌があるんだけど」  
「はい、いいですよ。ぜひ聞きたいです」  
「では一曲。歌は『優しい虎のトップ』」  
 
 『優しい虎のトップ』演奏後  
 
「人を食い殺す邪悪な虎!  
 イリーナ・フォウリー、成敗に行って参ります!」  
『ちょっと待てい!』  
「バルキリー・ジャベリン」  
 
 
 今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
「ではここでワタクシが一曲。  
 <ファリスの猛女伝説>を唄いますぞ」  
「きゃ〜。バスさん素敵〜」  
 
『ファリスの猛女伝説』  
 
撲殺! 風林火山 殴り倒せ  
滅殺! 特大グレートソード 切れ味バツグン  
 
シールドアタック! 悪の魔術師ぶち殺す(実話)  
クリティカル! ワイバーンだって一撃撃墜(実話)  
 
素手で暗黒神官殴り倒し 月夜に吼えろ(がおーん)  
君が泣くまで殴るのをやめない!(実話)  
 
アイアンゴーレムだって撲殺撃滅!  
 
最強! 正義! ファリス! 筋肉!  
パワー・フォー・ジャスティス!  
 
るーるる、るるりらー♪  
 
無敵! 鉄板! 超重装甲!  
森のクマさんと楽しくダンス(実話)  
 
一家に一人ファリスの猛女  
きっとあなたの隣にも  
 
がしゃんごしょんと聞こえたら気をつけろ  
奴はすぐ側にいる!  
 
あたまの上できらめいた  
グレソは今日も切れ味バツグン  
あなたのお家にとどけたい  
鎧は筋力24(もう25)  
 
「みんな騙されちゃ駄目だ!  
 みんながいつも見てるイリーナには<ディスガイズ>がかかってる!」  
「は〜い。ちょっとこっち来て下さいね〜」  
 
 悪・即・斬  
16歳の少女が筋力だけは超英雄を超えました!  
る〜るる るるりら  
きっとあなたの隣にも  
ファリスの猛女 イリーナ参ります!  
 <センス・イービル>  
「汝は邪悪なり!」  
「待て! 私は無実だ!」  
「だってあの耳はツケ耳だし」  
「だってあの肌は白粉だし」  
<フォース>  
「殴った方が早いので使ったことありません」  
 
デュラハン、ワイバーン、バグベアード、アイアンゴーレム  
ぞろぞろ強敵目白押し  
ラスボス<アトン>があらわれた!  
「そこの筋肉娘! この俺が拾ってきたファーラムの剣(必要筋力25)を使うんだ!」  
「はい! イリーナ・フォウリー、世界を救ってみせます」  
(歌おわり)  
 
「ご清聴ありがとうございましたですぞ」  
「バスさん。ちょっとこっち来て下さい」  
 
 
今日も元気に営業中<青い小鳩亭>!  
 
 
からんころ〜ん♪  
「いらっしゃいませ〜」  
「イリーナ! お待たせ!」  
「マウナ! もう持病は治ったんだね」  
「うん。自分に<レストア・ヘルス>したら治ったわ」  
 
『最初っからそうしろ!』  
 
青い小鳩亭は今日も元気に営業中!  
ぜひ一度遊びに来て下さい!  
 
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル