「あ〜あ、何だか飲み過ぎちゃったみたい……」  
 くらくらする頭を押さえて、シャイアラは立ち上がった。  
「ブック〜。ちょっと、部屋に連れてってよ〜」  
 目の前がゆらゆらと揺れている。  
 酒場の中は更に人が増えてきたようで、人の塊のようなものがあっちこっちに動き回っている。   
 テーブルに手を掛けて、旧知のグラスランナーを探すが、その姿はどこにも見当たらなかった。  
「も〜、どこいったのよぅ。そーいえば、みんなは〜?」  
 きょろきょろと見回した拍子に、男の肩がぶつかって、シャイアラは大きくよろけた。  
「きゃ……」  
「おっと。大丈夫かい?」  
 そのまま倒れ込みそうになったところを、横合いから出た腕が、優しく抱きとめた。  
「気を付けなくちゃ駄目だよ。ここは荒っぽい人ばかりだからね」  
「――マロウ!?」  
 そこにいたのは、シャイアラの仲間の一人である、木訥なハーフエルフの青年だった。  
 だが、今の彼のまとう雰囲気は、いつもと大きく異なっていた。  
「マロウ、一体どうしたのよ? 変装はもう終わったはずじゃないの?」  
 とある事件のために、彼等がしばらく姿を変えることになったのは、つい先日のことだ。  
 皆、思い思いに普段と違う格好で身を固めたのだが、中でもマロウの変装は驚きだった。  
 いつもの土臭い雰囲気が綺麗さっぱり洗い流され、爽やかな美青年に変身していたのだ。  
 彼の口調や仕草に、演技とはいえ、ドキリとしてしまった自分が何だか恥ずかしい。  
 そのことを思い出して、シャイアラは少し赤くなった。  
(マロウって……こうやって見ると、本当に格好いいのよね)  
 しかしファンドリアを後にしてきた今、変装の必要はないはずだが……。  
「これは変装じゃないよ」  
「え?」  
「こういう服の方が、君が喜ぶと思って――駄目だったかな?」  
 困ったように目を伏せるマロウに、何だか妙にどぎまぎしてしまう。  
 あのときは面白半分な気持ちがあったが、こうやって間近で接していると、とてもそんな気分にはなれない。  
「そ、そんなこと……ないけど」  
「よかった」  
 爽やかな笑顔に、キラキラと白い歯が光った。  
 
 
「――さん、姐さん」  
「ん、んっ…?」  
「シャイアラ姐さん、起きて下さいよ」  
「ううん、なによぉ……って、ブック?」  
「そうですよ。まったくもう、こんなとこで寝ちゃって」  
「……どこ、ここ」  
「どこって、レムリアの≪新緑の泉≫亭ですよ。行きも泊まったじゃないですか」  
「……アタシ、寝てたの?」  
「飲んでる途中で、突然寝ちゃったんです。昨日は盛り上がってましたからね」  
「…………夢?」  
「――あ。シャイアラどん、起きたんだべか?」  
「!」  
「そろそろ出発の時間だべ。みんな準備してるだよ!」  
「…………」  
「どうしたんだべ?」  
「寝る」  
「ええっ!?」  
「ちょっと、待って下さいよ姐さん! 姐さん!?」  
「寝るっ! もう今日は、ずーっと寝てやるんだからっ!!」  
「シャイアラどーん、一体どうしたんだべかー!?」  
   
彼女が機嫌を直すには、およそ3時間ほど掛かったという。  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券