足元に倒れている、網目状に焦げ目の付いた自らの夫を連れて、  
オーファンにこの人ありと歌われる「魔女」ラヴェルナは、歓楽街から自宅の寝室へと瞬時に帰りついた。  
少しの間、彼女は床に転がるローンダミスを立ったまま見下ろしていたが、どうも一向に彼が動く様子はない。  
仕方がないので、夫のそばに背中を向けて腰を下ろし、彼の意識が戻るのを待つことにした。  
ラヴェルナからすれば、それほど強く電撃を放ったつもりは無かったのだが、  
ぼんやりしながらしばらく待ってみても、夫はなかなか目覚めない。  
ちょっとばかり加減を間違えたかも、とさすがの彼女もわずかに不安を覚え始めたころ、  
「ラヴェルナ」  
唐突に背後で、ローンダミスが妻の名前を呼んだ。  
「……なに」  
ラヴェルナは背中を向けた胡坐のまま、いつもどおりのそっけない返事を返す。  
「お前は男の甲斐性というものをだな、もうちょっと理解いででででで」  
ローンダミスの軽口は、ラヴェルナが彼の火傷の上に、背中から倒れこんだところで中断された。  
「まだ言うか」  
「言わない。言いません。ちょっとイタイですゆるして」  
 
たっぷりと時間をかけて夫をイジメ抜いてから、ラヴェルナは彼を解放した。  
「さて、もう夜も遅いし、ぼちぼち寝ようぜ」  
「勝手にすれば?アタシはこれから、王への報告書を書かなきゃいけないの。  
 どっかのお気楽変態近衛騎士サマと違って、宮廷魔術師は忙しいのよ、いろいろ」  
「……動けない。ベッドまで運んでよ、魔法で」  
「うるさい黙れ。地獄へ堕ちろ」  
「魔女」の二つ名には、非常に相応しいと言える捨て台詞を吐いて、ラヴェルナは立ち上がった。  
そして部屋を出ようとする彼女の背中に、  
「ラヴェルナ」再び、声がかかった。  
「なによ」  
「――会いたかったよ」満ち足りた、声音。  
「……」  
振り返らずとも、彼がどんな表情をしているか――たぶん目を閉じたまま、口元だけで微笑んでいる――は大体わかるので、  
彼女は鼻を鳴らしただけで、そのまま無言で寝室を出ると、そっとドアを閉めた。  
ふん、そんなの。  
 
――アタシもよ、ばか。  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券