妻に出て行かれ、男やもめの生活をしているとやはりこの年でも  
男としての寂しさが出てくるものだ。  
かといって娼婦を抱く気分にはなれず、春画を買う勇気も無く、  
ここ最近愛弟子のヒースの部屋に彼が不在の時にこっそりと何冊か彼の秘蔵書を  
失敬しているという状態が続いている。  
 
先日いつもの様に彼が風呂に行っている隙を見て、部屋の床に置いてあった本を  
持って行った時の事だ。  
自室で本を開いた時、ページの間に書置きが挟まっていた。  
それを見るとヒースの文字で一文。  
 
「もうちょっと声をおさえろ。聞こえてるぞ」  
 
ま、まずい。ヒースにばれてしまったのだろうか?  
取りあえず師匠として悟られるわけにはいかない。  
 
そう思っていたがやはり気になってしまうのか、今日の朝食の時も彼の方向を  
何度も見てしまった。  
 
どうやらヒースも気づいてしまっているのだろう、苦虫を噛み潰した表情が  
見てとれるように分かった。  
明日のゼミは気が重い…。胃薬を再び常備する日が続きそうだ…。  

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル