題名未定 (稟×?)

902 名前:名無しさん@ピンキー :2006/01/26(木) 22:29:35 ID:x7JIGUSl
放課後。
ナンパに行くと張り切っていた樹は紅女史に捕まり、楓と麻弓は久しぶりに二人で買い物。
シアとネリネも帰ってしまった教室に、稟は一人残っていた。
それも昼ごろに机に入っていたことに気付いた一枚の手紙のせいなのだが。

『本日17:00、土見稟様の教室に行かせて頂きますので、帰宅なさらずお待ちください』

そう書かれた手紙を怪しみもせずに待つ稟も稟だが、元来お人好しなうえに優しすぎるところがある彼にとっては当然だろう。
気長に待つか、と呟いた稟は、机に伏して待つことにした。


さて。
時計の針が5を指す手前のところで、稟の教室の扉が音を立てて開き。


戻る
SHUFFLE!でエロパロ倉庫