一緒に愛してもらお ♥ (稟×楓&シア)

123 :名無しさん@ピンキー:2006/03/04(土) 02:11:27 ID:B2zJcmi9
 やっと、二人きりになれた。夕暮れ時の教室。そこで、わたし達は向かい合っていた。
「わたしは、稟くんのことが好きです。これからも好きでいいですか?」
 精一杯の勇気を振り絞りわたしは聞いた。こんなことを言っても意味がないことは分かっている。これはわたしなりのけじめだった。
「いいよ。」
「え?」
 シアちゃんはほとんどノータイムでで返事を返して来た。本当に予想外だった。怒鳴られるか殴られるかぐらいは覚悟していたのに、よりにもよってあっさり了承するなんて。
「稟くんと付き合っているんですよね?」
 稟くんとシアちゃんは一月ほど前から付き合っている。それを知らないわけではないが、聞かずには居られなかった
「うん、もちろん。ラブラブだよ☆」
 太陽のような笑顔を浮かべて、シアちゃんは言った。恋する女は輝くというのはこういうことを言うのかもしれない。
「では、どうしてこんなにあっさりと認めるんですか?」
「ん〜、だって。わたしが嫌だって言ったら、稟くんのこと嫌いになれる?」
「それは・・・」
「出来ないよね。カエちゃんの想いは簡単には変えられない。それにね、カエちゃん。むしろ、わたしは稟くんに告白して欲しいって思ってるし。」
「どっ、どうしてですか?」
「まえも言ったと思うけど、神界は一夫多妻制だから。それに、稟くんも、たぶんカエちゃんのことが好きだし。」
「もし、稟くんがわたしを受け入れちゃったら、稟くんが盗られちゃうんですよ。それでもいいんですか。」
「カエちゃん。勘違いしちゃ駄目。稟くんを奪い合うんじゃなくて、稟くんに、仲良く愛してもらうの。でも、正妻はわたしだからね。」
 正妻のところにアクセントをつけてシアちゃんは言った。
「一緒に、愛してもらお。」
「でも、わたしにはそんな資格なんか・・・」
「資格ってなに?」
「それは・・・、ごめんなさい。言えません。」
「無理に聞こうとは思わないけど、でも、それって稟くんを傷つけるかもしれないよ。」
 稟くんを傷つける?それは絶対にしてはいけない。わたしは稟くんのためだけに生きてるのに、それじゃ、わたしの生きる意味がなくなる。
「傷つけることなんてありません。わたしは稟くんを愛しています。でも、稟くんに愛してもらう資格はないです。ただそれだけなんです。」
 シアちゃんはしばらく黙って、考え込んでから、今まで、見たこと無いぐらいの真剣な表情で口を開いた。
「カエちゃん。それだと、稟くんの思いは何処に行くの?カエちゃんの言ってることって相当たち悪いよ。人ってさ、自分に好意を抱いている人に、好意を抱くの。尽く
して、媚売って、散々好きにさせた挙句、『好きにならないで』。そんなこといわれたらどうしようもなくなっちゃうよ。行き場の無い思いのつらさはカエちゃんが一番
知ってるでしょ?」
 言われて、わたしははじめて気付いた。愛せないつらさを。わたしは稟くんに抱いている想い全てを捨てろといわれれば発狂するだろう。それと同じことを強要しよう
としていた。ひどい後悔がわたしを襲う。
「でも、稟くんは誠実な人だから、わたしが告白しても首を盾に振りません。」
「大丈夫。わたしがいれば何とかなるよ。」
 神族の少女は小悪魔のような笑みを作り、軽く胸を叩いてそう言った。嫌な予感がしたがわたしはなす術も無く、シアちゃんに引きずられて、芙蓉家まで連行された。



128 :名無しさん@ピンキー:2006/03/04(土) 22:03:25 ID:B2zJcmi9
「今日の夕食は、やけに豪華だな。」
 シアは付き合うようになってから、たまに家に来て、楓と一緒に料理を作るようになった。その場合いつもより多少豪華になるのだが、今日のこれは行き過ぎだ。
「稟くんに精力つけてもらおうと思って奮発しちゃった。ねぇ、カエちゃん」
「え、ええ。」
 机の上に並んだ料理を見渡すと、スッポンの唐揚げ、うなぎの蒲焼、レバ刺し、マムシ酒他にもいろいろあった。
「にんにくも買い込んでたけど、アレは使わなかったのか?」
「ファーストキスのとき、ニンニクの匂いがしたらだとかわいそうだと思って。」
「ちょっと、シアちゃん。」
 楓が顔を真っ赤にしてシアに突っかかる。今日の楓は少し興奮気味だ。
「どういうことだ?」
「それは、あとのお楽しみ。稟くんはいっぱい食べて元気になってね。」
「ああ。」
 こういうときのシアから、話を聞こうとしても無駄だ。俺は料理を口に運ぶことに専念した。
 自分なりに、この料理の意図を考える。精力をつけるといえば、やっぱりアレをするということ
だが、シアは今日泊まっていくと言っている。楓と俺の部屋は近いから、この家ではしないという
のが暗黙の了解のはずだし・・・。結局のところ分からない。
「俺の顔に何かついてるか?」
 食べている間、楓が俺の顔を見ているのはいつものことだが、向けられている視線が、いつもと
違うきがしたので、思わず聞いてしまった。
「いえ、何もついてませんよ。」
「そうか。」
 そこで、会話は切れて、再び食事に戻る。
 ニコニコしたシアと、俺のほうを伺いつつも目線をあわそうとしない楓。無表情に黙々と料理を
口に運ぶ俺、はたから見たらさぞかし面白い構図だろう。
 しばらくして、夕食が済んだ。
「カエちゃん、一緒にお風呂はいろっ」
「はい、シアちゃん。稟くん、お先にお風呂いただいちゃいますね。」
「ああ。」
「あっ、稟くん。あとで、カエちゃんの部屋に来てね。絶対だよ。」
「分かった。」
 俺が返事をすると、 シアは「ありがと、これは忘れ物。舐めといてね。」と言って、VC4000の
ど飴をこっちに投げて、楓と一緒に浴室に消えて言った。
 一人残された俺は無駄だとわかりつつも二人のたくらみを見破ろうと必死に思考しているのだっ
た。

次はやっとエロパート

132 :名無しさん@ピンキー:2006/03/05(日) 01:45:22 ID:A6NkLOxx
「楓、シア、来たぞ。」
 俺は風呂からあがってすぐに、楓の部屋に向かった。もちろんシアに渡されたのど飴も舐めてい
る。
「いらっしゃい。稟くん。」
 パジャマ姿の楓とシアが俺を快く迎えてくれる。心なしか顔が赤くなっている気がする。
「ほら、カエちゃん。早く言っちゃいなよ。」
「でも、その、まだ心の準備が。」
「そんなの待ってたら、いつになっても始まんないっす。ささ、早く」
「そうですね。分かりました。」
 呼び出されたはずの俺を無視して目の前の少女二人は盛り上がる。話に一段落着いたのか、楓は
深く深呼吸して、俺のほうを向いた。
「稟くん。」
「はっ、はい。」 
 いつにない大声、それに込められた気迫につい、どもってしまう。
「好きです。抱いてください!」
 そして、大声のまま、叩きつけるように楓はその台詞を言い切った。思考が停止する。俺の中で
時間が止まった。シアのしている拍手の音がやけに遠くに聞こえる。
「・・・・もう一度お願いします。」
「好きです。抱いてください。」
 今度は先ほどより落ち着いた感じで、同じ台詞が出た。抱いてって、セックスのことだよな。今
日の楓は大胆だな、彼女の前だぞ?確かに魅力的な提案ではあるが・・・。
「すまない。俺にはシアがいる。」
「ということは、わたしがいなかったらOKだってことだよね。」
 いつの間にか、楓の後ろに回りこんでいたシアが楓にもたれかかるような感じで抱きつきながら
言った。
「いや、その、そう言うことじゃなくてだな。」
「稟くんは、わたしのこと嫌いですか?」
 楓が捨てられた子犬のような顔で聞いてくる。上目使い+その表情は反則だろ。
「嫌いじゃない。」
「女の子として見れませんか?」
「いや、十分見ている。だけどな・・」
 これって浮気だよな。でも、シアは楓のこと応援しているし、いったいどういうことだ?
 俺の煮え切らない様子に痺れを切らしたのか、シアが口を開いた。
「稟くん。抱いちゃいなよ。わたしのことなら気にしないでいいよ。神界は一夫多妻制だし、それ
に、わたしは稟くんが、一人しか愛せない甲斐性なしじゃないって思ってるし、一応厳密に言えば、
稟くんは、すでに、二人愛しちゃってるんだから、今更、一人増えたっていいでしょ。カエちゃん
のこと好きじゃないなら話は別だけど。」
 考える。確かに悪い話じゃない、それどころかいい話だ。シアも完全に肯定してるし。
 ゴクッ。生唾を積む音がした。二人に聞かれていないか、そのことが気になって仕方なかった。
「稟くん見て。こんなに美味しそうなのたべないと損だよ。」
 プチッ、それは紛れも無く理性の切れる音だった。シアが楓の胸を後ろから揉みしだいている。
「いいのか。楓。」
「はい。ずっと稟くんに抱いて欲しかったから。」
「稟くん、これで気兼ねなくカエちゃんを抱けるね。」
 もはや、俺にはシアの軽口に付き合う余力すらなかった。パジャマ越しに、楓の胸を揉む。楓が
悩ましげな声を上げた。ブラをつけていないらしく、生々しい感触が手に帰ってくる。

133 :名無しさん@ピンキー:2006/03/05(日) 01:48:05 ID:A6NkLOxx
「カエちゃん、稟くんの手はどう?」
「暖かくて、大きいです。」
 阿呆の用に楓の胸を揉むことに夢中になっていた俺はその言葉を聞いてさらに興奮してきた。
 目線だけで、了承をもらうと、パジャマのボタンを全て開け、乳房を晒し、ピンク色の勃起した
乳首にかぶりついた。
「ひゃっ。」
「どうだ?」
「今、変な感じがしました。」
 なんだか、楓の様子を見ていると、シアと始めてやったときのことを思い出す。シアのほうに目
線を送ると、シアは苦笑いしていた。
「稟くん。そろそろ挿れても。」
「駄目。ちゃんと前準備してても、7ぢ2ノいんだから。」
「分かりました。稟くん、もう少し、前戯のほうをお願いします。でも、挿れたくなったらいつで
も入れてください。」
 二人のやり取りが面白くて、つい笑ってしまう。俺としてはこれはこれで、十分楽しいからかま
わない。
 しばらく舐めて満足すると、パジャマのズボンに手を伸ばし、ずり下げた。白いレースの下着に
包まれた楓の秘裂に目を奪われる。初めてみる下着だった。きっと、シアの入れ知恵だ。
「ひゃん。あっ、んっ、」
 下着をずらして、秘裂に指を少しずつ沈めていく。熱くてキツイ。まだ、あまり濡れていないこ
ともあって指の動きはぎこちない。それでも、指が動くたび楓は嬌声を上げる。
「わたしも手伝ってあげる。」
 シアはそう言って、楓の胸を攻め始めた。楓の嬌声が大きくなり、濡れ方も激しくなってくる。
「きゃう、あ、や、あ、あう・・・だ、だめ。」
 このまま逝かせてもいいが、初めての絶頂は指ではなく、アレでさせてやりたかったから動きを
止める。
「このくらい濡らせば大丈夫だな。楓、挿れるぞ。」
「はい。」
 楓は上気した顔で頷いた。それを見てから、俺は完全に下着を脱がして、おれ自身も、ペニスを
露出した。
「あ、ああ・・・い、痛いっ、ん。」
 挿入を始めた途端、入り口を無理やり広げられていく痛みに楓は押し殺した悲鳴を上げた。
「一気に行くぞ。」
 俺は、あえて腰を止めずに一気に貫いた。そのほうが楽になると信じて。
 楓はしばらく、口をパクパクさせていたが、しばらくすると落ち着いた。
「稟くん、ひとつだけお願いしていいですか。」
「ああ。」
「キスしてください。」
 そういえば、まだしていなかった。俺は繋がったまま楓の頭を引き寄せ口付けをする。
 楓のほうから舌を絡ませてきた。俺は、それに応じる。お互いの口の中を味わった後、口を離す
と、名残惜しそうに、唾液が糸を引いた。
「カエちゃん。ファーストキスはどんな味がした?」
「稟くんと、甘いレモンの味がしました。」
 今になってようやく、シアが飴を渡したわけが分かった。
「楓、そろそろ動かすぞ。」
「はい。」

134 :名無しさん@ピンキー:2006/03/05(日) 01:49:04 ID:A6NkLOxx
 キスをしてリラックスしたのか、さっきよりも若干、膣がゆるくなった。それでも、十分きつい
ことには代わりはない。
 ゆっくり、本当にゆっくり腰を動かしていく。シアのときは余裕が無かったが、今の俺なら楓を
逝かせることだってできる気がする。
「あ、あう、はぁん、あ、あ。」
 僅かな表情の違いから、感じる場所を探り、そこを重点的に攻める。
 楓の声に艶が出てきて、腰の動きもだいぶ早くなってきた。ひたすら、腰を動かし続ける。
 しばらくして、限界が来た。
「そろそろ限界だ。いくぞ。」
「はい。来てください。」
 俺はペニスを抜くことも忘れて、楓の中に思いっきり精液をぶちまけた。
 精液を全て吐き出したあと、ペニスを引き抜いて、大の字にぶっ倒れた。
「稟くん。うまくなったね。カエちゃん。初めてなのに逝ってったよ。それじゃ、次はわたしの番
だね。」
 シアはそう言うと服を脱いで、俺の上に覆いかぶさって来た。その感触で、逝ったばかりなのに
おれのペニスは硬くなっていた。
 
 今日の夜は長くなりそうだ。

 FIN

やっと、終わった。しばらく書くのは止めて読む専門に回ります。>>129さん期待しています。


※変更点


戻る
SHUFFLE!でエロパロ倉庫