ベッド代わりにしていたソファーから身を起こし、手鏡で顔を見る。
はぁぁ〜、変な顔。涙を流しすぎて目は真っ赤、醜く腫れてますわ。
……この目が黒ければ、きっと健一様はあんな女に走らなかったんですわ。
髪もボサボサ。シャワーを浴びなかったのですから当たり前ですわね。
……この髪が黒ければ、健一様はあんな女に走らな……ひっく、イヤですわぁぁ〜!
なぜ私は日本人に生まれなかったんですの?
ひっく、だから健一様に嫌われて……健一さまぁぁ〜!

 昨日、健一様が私を嫌っていると知り、それ以上話を聞くのが怖くなって逃げ出しましたの。
けど国を捨て、家を捨てて健一様の下に来た私には、
お姉さまの部屋ぐらいしか行く先を思いつきませんでしたの。
けど、お姉さまには迷惑は掛けれませんわ。
今は結婚して幸せに暮らしてるお姉さま。私とは何もかもが違いすぎますわ。
……何がいけなかったんですの?私の何処がいけないんですの?

 ふと壁に掛けている時計を見る。……もう少しでお昼休みですわ。
健一様、お弁当はどうされたのでしょう?
…グゥゥゥ〜。……何故こんなに落ち込んでいるのに、お腹は減るんですの?
はぁぁぁ、確かストックしていたカリカリ君が残ってるはずですわ。
アイスをご飯にするなんて、私も落ちぶれたものですわね。

 冷蔵庫を開け、カリカリ君を取り出す。
今日初めての食べ物、冷たいアイスを食べる事により、頭が冷えて、少し冷静になる。
……おかしいですわ。よく考えてみると、あの女、いつ健一様と密会をしていたんですの?
健一様の行動は、逐一報告させてますわ。その監視の目を盗んで密会するなどありえません
わ。
結論から言うと、健一様が私の目を盗んで女と密会するなど到底無理、ありえない話ですわ。
だとするとあの女の狂言?なぜそんな事をする必要がありますの?
……何者かが私と健一様を引き裂こうと考えた?誰が?いったい何のために?
まさか……お母様?お、お母様が動いたんですの?
だとしたら絶対に敵わないですわ、どうしたらいいんですの?
……いや、それはありえませんわ。
お母様は愛には寛大なお方。お姉さまの結婚にも快く賛同されましたわ。
しかし、それ以外に私を騙す謀略を思いつく人物は思いつきま……まさか、西園寺さん?
あのクソ女が私を嵌めたんですの?
そういえばあの焼き鳥屋には、池田さんと一緒に西園寺の手の者がいましたわね。 
まさか池田さんまで西園寺の手の者なんですの?
この私を……裏切って?……イケダァァァ〜!惨めな一生を人知れずして終わらせてあげま
すわ!
さっそく長尾に命じて池田を拉致、
響子さんには青葉とかいう西園寺の男を陥れてもらいましょう。
フフフフ……西園寺には同じ苦しみをプレゼントして差上げますわ!

 さっそく長尾に命令を……携帯がない。
おかしいですわ、どこに忘れて……そうですわ、焼き鳥屋に置き忘れたんですわ。
そう、あの焼き鳥屋に健一様を置いたまま……凛々しいお顔を叩いて……ひっく、嫌われまし
たわ。
私、健一様に嫌われて……ひっく、ゴメンなさいぃ!
ひっ、健一さまぁ、レイリアを嫌いにならないで……ひぇぇぇぇ〜ん!
絶対に、絶対に嫌われましたわ!レイリアはバカですわ!オオバカですわぁ!
健一様、あの女とはなんの関係もないと仰ってましたわ!
それを信じられず、逃げ出してしまったんですわ!私はなんて愚か者なんですの?
私のバカバカバカ!オオバカですわ〜!

 自分の愚かさにソファーに顔を埋め、泣きじゃくる私。
ひっく、もう絶対に嫌われましたわ。……どうすればいいんですの?
これから先、どうやって生きていけばいいんですの?健一さまぁ……健一さまぁぁ!

 『ガチャ!ガチャガチャ!』

 その時扉の鍵を開ける音が。だ、誰ですの?
ここは……この生徒会室は、私だけの部屋。いわば隠れ家のようなもの。
その部屋の鍵を持っている者など私以外には誰も……あ!健一様にもお渡ししましたわ!
ま、まさか……健一様がここに?な、なぜですの?



「レイリア……やっと見つけた。こんなところに隠れていたなんて、『灯台下暗し』だな」
「け、健一様……その、レイリアは……」
「何も言うな!レイリア、何も言わず、おれの言う事を聞いてくれ」

 ラフな服装でボサボサ髪の健一様。……ラフな服装?
おかしいですわ。健一様がこんなラフな姿でお仕事に来るなんて珍しいですわね?
……お仕事?そうですわ、今はまだ4時限目が終わっていないはず。
健一様、今日は4時限目に授業が入ってましたわ。でしたら何故ここにいるんですの?
不思議に思い、健一様を見る。……ああああ!お、お顔が腫れてますわ!
頬が!凛々しい健一様の頬が腫れてますわ!
わた、私が叩いたから腫れて?……ひっく、ゴメンなさいぃぃ〜!

「レイリア、昨日の事は全て誤解……レイリア?おい、なんで泣き出すんだ?」
「ひっく、ゴメ、うく、ゴメンなさいぃ!
ひっく、私が叩いたから、ひっく、お顔が腫れて……健一さまぁ、ゴメンなさいぃ!」

 もう何がなんだか分からなくなり、泣く事しかできない私。
健一様を疑い、傷つけてしまうなんて……きっともうダメなんですわ。
もう二度と健一様に愛してると囁いてもらえないんですわ。そう思うと涙が止まらない。
声を上げ、まるで子供のように泣いている私。
そんな私を優しい温もりが包む。え?健一様?私を抱きしめて?け、健一さまぁぁ〜!

「レイリア、安心しろ、この腫れた顔はお前がしたんじゃない。
お前の姉貴がしたんだよ。シーリスにぶん殴られた。
『レイリアがいなくなった?アンタ、レイリアを大事にするって言ったでしょうが!』ってな」
「お姉さまが?シーリスお姉さま酷いですわ。……え?何故お姉さまにやられたんですの?」
「んん?お前がいなくなったから、必死で探したんだよ。
まず最初に、シーリス達の部屋に行ったんだ。で、ぶん殴られた。
次は正吾と本条の部屋に行ったよ、そこにもお前はいなかった。
ははは、本条に1時間説教されたよ。正吾は助けてくれなかったんだぜ?
友情って儚いよな?」
「わ、私を探して走り回ってくださったんですの?」
「ホント疲れたぜ?最後に江口さんとこ行ったんだよ。で、江口さんがこう言ったんだ。
『そういう時は思い出の場所にいるもんだ。お前らの思い出の場所って何処だ?』ってな。
それでおれ達が初めてデートしたあの湖に行ったんだ。江口さんに車を借りてな。
そこにもお前はいなかったけどな。はは、あのおっさん、ウソばっかりだよな」

 ええ?私を探して湖にまで?……ひっく、げんいぢざばぁぁ〜!

「おいおい、泣きすぎだろうが!お前、百年の恋も冷める顔してるぞ?」
「だっでぇ、だっでげんいぢざばがぁ〜!ふぇぇぇぇ〜ん!」
「そんなに泣くなって。……よかったよ、お前が無事で。ゴメンな、あんな女にヘラヘラして」 

 泣きじゃくる私をギュッと強く、それでいて優しく包んでくれる健一様。
こんなにお優しい健一様を、少しでも疑った私がバカでしたわ!

「女はお前しか知らない。お前以外を知りたいとも思わない。
だから、な。おれの事、信じて欲しいんだ。
おれは一生お前以外を欲しいとも思わない、信じてくれ」

 耳元で呟く健一様の甘い囁き。
言葉の一つ一つが体を溶かす。あぁ……レイリアはトロトロに溶けてしまいますわぁ。

「けんいちさまぁ……あぁ、けんいちさまぁ」
「レイリア、あの女にキスされたのをお前で消毒したい。いいよな?」

 とろける私の服の中に入ってくる健一様の手。ブラを外し、太ももを撫でる。
ますますとろけてしまいますわ……えええ?が、学校でするんですの?

「ふぇ?こ、ここでしますの?わ、私はいつでもいいですけど……
今まで健一様が、学校でするのはダメだと言われてましたわ。大丈夫なんですの?」
「今日は仕事を休んだ。今のおれは仕事をずる休みした悪い男だ。
悪い男は学校でもSEXしちゃうんだよ。
……正直な話、お前を抱きたくて抱きたくて我慢出来ない。
レイリア、いいだろ?お前と今すぐしたいんだ」
「け、健一様……いいですけど少しお待ちになってくださいませ。
レイリアはシャワーを浴びますわ」
「ダメだ、おれは今すぐしたいんだ。これも全部お前のせいだ。
お前がいなくなったりするからだ」
「で、ですから少しの間だけお待ちに……んあ!ダメで、んん!
けんいちさまぁ……はぁぁん!」
「江口さんがな、ケンカをした恋人同士が仲良くなる方法を教えてくれたんだ。
それはな……SEXすることだってよ。おれ、お前と仲直りしたい、SEXしたいんだ。
すまんな、レイリア。今日は我慢できそうにない。メチャクチャにしてしまいそうだ」

 囁きながら指で私を犯す健一様。
はしたなくもグチョグチョと音を出しながら感じてしまいましたの。

「ダ、ダメですわぁ……せめてシャワーを浴びさせて……ひゃう!」
「おれが奇麗に舐めてやる。レイリア、机に手を付いて尻を上げろ」

 首筋に舌を這わせ、胸を揉みながら囁く健一様。
健一様の愛撫で頭がとろけた私は、言われるがままにしましたの。
いつも使っている机に手を付き、お尻を高く上げましたわ。
健一様、そんな私を見て喜んでくださいましたの。

「レイリア、とってもいやらしいぞ。すっげぇ興奮する。
おれを散々心配させた罰だ、メチャクチャにしてやるからな」
「けんいちさまぁ……してくださいませ!レイリアをメチャクチャにしてくださいませ!
レイリアは健一様の玩具ですわ!壊してくださいませ!」

 もう我慢が出来なくて、はしたなくもお尻を振って健一様におねだりをしましたわ。
けど健一様、すぐには与えてくれませんでしたの。

「そんな尻を振るなって。まずは奇麗に舐めてやる。お前の味をじっくりと味わってやるからな」
「そんなぁ……レイリアはもう我慢できませんわ!
健一様、イジワルしないで早くレイリアを犯して……んん!けんいちさまぁ!」

 じゅる…じゅるじゅる……ずるる!

 高く上げたお尻に顔を埋め、私に舌を這わす健一様。
はしたなく濡れている私をじゅるじゅると吸い、飲んでくださいましたの。
シャワーを浴びていないのに健一様に舐められて、飲まれてしまった私。
ここが生徒会室だという事も忘れ、喘いでしまいましたの。

「け、けんいちさまぁ!レイリアは、レイリアは!……ふぁぁぁ!」
「レイリアはホントにエッチになったな、舐められながら尻を振るなんて。
舐めても舐めても溢れてくるぞ。お尻もヒクヒクして欲しがってるしな。
どっちに入れてほしい?入れてほしい穴を自分で広げてみな」
「はぁ〜はぁ〜はぁ〜……こっちに入れてくださいませ。注いでくださいませ!
子宮を健一さまで満たして下さいませ!」

 上半身を机に乗せ、お尻を突き上げたまま両手でアソコを広げる。
レイリアはもう十分に潤ってますわ、メチャクチャに犯してくださいませ!

「よし、メチャクチャに犯してやる。……レイリア、愛してるぞ」
「はぁぁ……けんいちさまぁ、レイリアも愛して……んあああ〜!」

 グチュ!スブ、ズブブ!

 熱い、とても熱くて硬い健一様が私を貫きましたの。
私ははしたなくも健一様が入ってきただけで達してしまいましたわ。
健一様が貫くたび、引き抜くたびに達してしまい、あまりの激しさに意識を失いましたの。
目が覚めた時は、狭いソファーで健一様に抱かれながら寝ていてましたわ。



「けんいち…さまぁ。レイリアは、レイリアはぁ……」

 せっかく健一様が抱いてくださったのに、
意識を失うという大失態を犯した自分が情けなくて涙が出ましたわ。
けど健一様、そんな私を優しく抱きしめて、頭を撫でてくださいましたの。

「レイリア、大丈夫か?ゴメンな、無茶しちまったな。愛してるぞ、レイリア」
「ひっぐぅ……げんいぢざばぁぁ!わだぐじもあいじでばずわぁぁ〜!」
「ほらほら、そんな泣くな、おれの好きな綺麗な顔が台無しじゃないか。
……なぁレイリア。お前が卒業したら、また湖に行こうな」

 え?何故卒業したらですの?湖デートなら明日にでも行きたいですわ。

「俊やシーリス、正吾に本条、江口さんに神楽を呼んでさ、身内の皆だけで行こうぜ」
「何故私が卒業したらですの?お姉さま方を誘うのでしたら、すぐにでも出来ますわ」

 疑問に思い質問したのですけど答えてくれず、健一様は湖の事を話しだしましたの。

「江口さんとお前を探しに行った時に知ったんだけどな、湖の周り結構開発されてたんだよ。
でな、皆をそこに招待しような」
「開発……ですの?」
「あぁ、そうだ。昔はなかったレストランやショッピングモール。
映画館なんかもできてたな。それに、おれがお前とどうしても行きたい所もできていたんだよ」
「それって何ですの?健一様が連れて行ってくださるのならどんなところでも嬉しいですわ!」
「江口さんもここの教会でしたらいいんじゃないかって言ってくれたしな。
初めてデートした湖の畔で結婚式、なかなかロマンチックでいいだろ?」

 教会?結婚式?な、何を言っているんですの?健一様が結婚を口にしたんですの?
ひっく、ウ、ウソですわ!こんなこと絶対に夢ですわ!

「…………これは夢ですわ。
ひっく、レイリアがいつも見ている都合のいい、ぐす、夢なんですわ。
ひぐ、目が覚めると夢だと分かり、ぐすん、ガッカリしてしまう夢なんですわぁ」 
「レイリア……おれが言ってる事、夢だと思うのか?仕方ないな、誓いのキスの練習だ」

 優しく微笑んで下さった健一様が、
息が出来ないくらいギュッと強く抱きしめキスして下さりましたの。
あぁ……夢ではないんですのね?
ずっと……ずっとずっとず〜〜っと待ち望んでいたことを言ってもらえたんですのね?  
うれじい、うれじいでずわぁぁ〜〜!

「げんいぢざばぁぁ!うれじでずぅ!うえぇぇぇ〜〜ん!
やっどぉ、やっどげんいぢざばにぃぃ〜!」
「ほらほら、そんなに泣くなっての。あ〜あ、これじゃ結婚式本番が思いやられるな」
「ふぇぇぇぇ〜ん!げんいぢざばぁ、げんいぢざばぁぁぁ〜〜!」
「ほら、泣くなっての。……レイリア、愛してるよ」 

 嬉しくて泣きじゃくる私を優しく抱きしめ、耳元で愛していると囁いてくださる健一様。
レイリアは幸せですわ!国を、家を捨てて日本に来て正解でしたわ!
健一様、幸せにしてくださいませ!レイリアは世界一幸せですわぁ。




「……という事がありましたの。この生徒会室は思い出の部屋ですわぁ。
卒業と同時に相川健一記念館に移築しますわ。綾崎さんも是非見に来てくださいな」
「いいなぁ〜。先輩、羨ましいですよ。
あたしの彼は年下なので、すぐに結婚というわけにはいかないんです。
はぁぁ〜、卒業したら結婚ですか……羨ましいなぁ」
「あらあら、綾崎さんも焦らず、じっと待っていればきっと大丈夫ですわ。
あなたもきっといいお嫁さんになれますわ」
「ラインフォード先輩、ちょっと質問いいですか?」 
「あらあら……何ですの、池田さん?」
 
 先生と先輩が焼き鳥屋さんでケンカした日から2日後、
ご機嫌の先輩に呼び出された昼休み。
先生とどうやって仲直りしたかを一部始終聞かされちゃったの。
一時はどうなる事かと思ったよ。だってさ、先輩も先生も2人して2日間学校休んでたんだよ?
絶対にとんでもない事になってるんだ、って思ってたもん。
でもね、先輩の話を聞いてとでもない事になっているのは先輩達じゃなく、
私だって気がついたんだよ。
西園寺先輩が企んだってホントなのかな?
なんで私が西園寺先輩の手下って事になってるのかな?
拉致して惨めな一生を人知れずして終わらせるってのは何かな?
私を見て微笑むラインフォード先輩の顔が恐ろしく見えるのは何故なのかな?
……なんでとばっちり受けちゃったのかな?

「なんで私が西園寺先輩の手下になってるんですか?よく分からないんですけど?」
「あらあら、醜く言い訳する愚か者を見るは滑稽で、いつ見ても面白いですわぁ」
「せ、先輩?言い訳なんかじゃないです!私、あの時偶然焼き鳥屋さんに行ってただけです
よ!」
「まぁまぁ、芸のない言い訳ですわ。そんなつまらない言い訳、面白くもなんともありませんわ。
節約の神様のようなあなたが外食をするなどと……信じられませんわ」
「ホントですってば!あの日は秋山さんが奢ってくれたんです!
お持ち返り分を奢ってくれて、お母さんも大喜びしたんだから!」
「あらあら、大喜びしたのに今度は悲しみに打ちひしがれるんですの?
可哀想なお母様ですわね。せっかくの愛娘が行方不明になるのですから。
悲劇ですわねぇ……それとも喜劇かしら?」

 おほほほほ、と優雅に微笑む先輩。だから勘違いだって!

「せ、せせせ先輩?なんでそんな事になっちゃうのかな?先輩の勘違いですって!
かなちゃんは分かってくれるよね?ねね?」

 助けを求めてかなちゃんを見る。なんで悲しそうな瞳で私を見るのかな?

「果歩……しちゃったことは仕方ないから、素直に謝った方がいいわよ?」
「儚いよ!友情はとっても儚いんだよ!友情ほど儚いものはこの世の中にないんだよ!」

 なんで『長いものには巻かれろ』みたいな態度をするのかな!
私たち小さい頃からずっと仲良かったよね?私たちの友情は儚い夢だったのかな?

「あらあらあら……ぷっ、あっははははは!池田さん、あなたホントに面白いですわね。
綾崎さんが苛めたくなるのも分かりますわ。冗談ですわよ、冗談。
あなたホントにカワイイですわね」

 ……へ?冗談?よ、よかったよぉ〜!死んじゃうかと思ったよぉぉ〜!
先輩の冗談だと分かり、へなへなと腰砕けになる。はぁぁ〜、生きてるっていいねぇ。

「しっかりと調べさせて裏は取りましたわ。ねぇ綾崎さん?」
「そうですね。果歩があたしに復讐するため、秋山さんに寝技を習ってるのも分かりましたし
ね」
「でしょ?私はどっちの味方とかないですから!……かなちゃん、話し合えば分かると思うよ?
なんで制服の下に体操服込んでるのかな?な、なんでそんな目で私を見るのかな?」

 ホッとしたのもつかの間、かなちゃんに秘密稽古がばれちゃったみたい。
オニのような顔で制服を脱ぎ、下に着込んでた体操服姿になるかなちゃん。
ま、まずいよ!私、腰が抜けちゃってて力入んないから、今攻められたら好き放題にされちゃう
よ!これは貞操の危機だよ!

「人間のいいところは話し合えるって所だよね、話せばきっと分かり合えるよ?
かなちゃんもそう思うよね?ねね?」
「果歩……問答無用!先手必勝!」
「ひぎゃあ!かなちゃんゴメン!ゆるじで〜!あががががが!」
「……あらあら、人間ってああまで柔らかくなれるんですの?
凄いですわねぇ、どこまで曲がるのかしら?」
「あばばばばば!ごがががががが!ひぎゃぎゃぎゃぎゃ!」
「あらあらあら、まるで壊れた玩具みたいですわ。
池田さん、とっても壊れやすくて繊細なんですね」
「感心してないでだずげでぐだざい〜!ごろざれるぅぅぅ〜!」

 かなちゃんの拷問はお昼休みの間中続いたんだよ。
友情ってなんなのかを考えさせられた出来事だったね。
かなちゃん……いつかはアンタの胸をグラム3円で売り飛ばしてやるからね!

 放課後、かなちゃんに苛められダメージの残ってる体を引きずり、
秋山さんを捕まえて真相を究明したの。秋山さん、あっさりと白状したよ。
やっぱりラインフォード先輩の推理通り、西園寺先輩が企んだ策略だったんだって。
私は見事に巻き込まれたってわけ。……他人を巻き込むなぁぁぁ〜!



「おおお!回らないお寿司なんて人生で初めてかもしれないよ!
ありがとね、秋山さん!稽古つけてくれただけでなく、お寿司も御馳走してくれるなんて!」
「果歩、貴様がたかって来たんだろうが!」
「あれ?秋山さん、いつのまに委員長の事を名前で呼ぶようになったんですか?」
「ホントですわね。秋山って意外と手が早いんですのね、知りませんでしたわ」

 で、稽古も終わって今は仲直りのお寿司を御馳走になっているところ。
何故か西園寺先輩と青葉くんも一緒に来ている。
食事は大勢で食べる方が楽しいからいいけど……秋山さん、お金は大丈夫なのかな?

「美里様、勘違いはよしてください。
コイツが名前で呼ばないとうるさいから呼んでいるだけです」
「な〜に照れてんの?秋山さんって歳取ってるくせにウブなんだから」
「貴様!いい加減にせんと本気で怒るぞ!」
「貴様じゃなくて果歩だよ、か・ほ。いい加減覚えてほしいなぁ」
「ホントに仲がいいですわね。やーくんもそう思うわよね?」
「うん、こんな秋山さん見たことないよね。池田さん、あんまりからかっちゃダメだよ?」

 青葉くんと西園寺先輩の言いたい放題の言葉にガックリと肩を落とす秋山さん。
あははは、秋山さんって結構ウブだからからかうと楽しいんだよね。
青葉くんの言うとおり結構いい人っぽいしね。
やっぱ楽しく稽古した方が上達も早いしね、それに秋山さんと仲良くなりたいもん。

 美味しく賑やかにお寿司を食べてたら、女の人だらけのグループがお店に入ってきたんだ
よ。
最初は気にも掛けないで美味しくお寿司を食べてたんだけど……そうだったんだよね。
あのラインフォード先輩がやられっぱなしでいるわけなかったんだよね。
店に入ってきた女の人たちがこっちにきたと思ったら……青葉くんにキスの雨を降らせたの。
もちろん西園寺先輩の目の前でだよ?
顔を掴んで胸に埋めさせたと思ったら、こ、股間に手を這わせて……えっちだよ!エロスだ
よ!
女の人にキスや胸に顔を埋めさせられて嬉しそうに顔を緩めてる青葉くん。
西園寺先輩それを見て『ひっぐ、やーくんの裏切り者!浮気者ですわ〜!』って泣きながら出
て行ったの。
……デジャブだよ。ついこの間、焼き鳥屋さんで見たのにそっくりだよ。
青葉くん、先生と同じように慌てて追いかけてった。なんかもう心配するの面倒になったよ。

「秋山さんは追いかけたりしなくていいのかな?」
「果歩と同じだ、めんどくさい」
「だよねぇ?ああいうバカップルは法律で取り締まるべきだよ!」
「フッ、醜い嫉妬だな。お前も早く相手を見つけたほうがいいぞ。
お前は一部のマニアに絶大な人気がある胸のサイズをしている。
個性的な相手が見つかりそうだな」
「うっさいよ!秋山さんには言われたくないよ!ところでウニも食べていい?」
「好きにしろ。貴様は色気より食い気だな。ま、それがとてもよく似合っているがな」
「それって褒められてるの?貶してるの?大トロもくださ〜い」
「はぁ〜……果歩、貴様はホントに面白いヤツだな。年頃の女とは到底思えんぞ」

 軽い嫌味を言ってる秋山さんを無視してお寿司を食べる。
くっそ〜、なんで2人を追いかけないのかな?せっかくお持ち帰り分を頼もうと思ったのに。
ま、いっか。持ち帰れないなら高いのから食べちゃえ!

 次の日、ラインフォード陣営と、西園寺陣営に休戦協定が結ばれたんだって。
お互い恋人には手を出さないってことを取り決めたみたい。ダメージが大きすぎるんだって。
秋山さん、これでしばらくは楽が出来るって喜んでたよ。
けど秋山さんの思惑は外れちゃったんだ。
一晩じっくりと時間を掛けて仲直りした、青葉くんと西園寺先輩がヘンな事を企んじゃったの。
なぜかそれにラインフォード先輩も乗ってきて……あの2人が組んだら敵わないよ。

 なんで私たちをくっつけようと考えるのかな?私、おじさんはイヤだよ?
 



トップへ
トップへ
戻る
戻る