ソウルフルな経済学(ダイアン・コイル 著)(amazon

近現代の経済学の内容を紹介した本。参考文献がしっかりしてるのも好感がもてる。タイトルだけ見ると胡散臭さが漂ってきそうだが、そんなことない。オムニバスでやってる講義紹介よりはるかに有益。残念ながらうちではとても講義でここまでカバーできないので、自分で勉強するしかないのがほとんどだけど。リンクはしないけど書評でGDPはダメだ的なことを書いたものがあるが、その人はこの本をもう100回くらい読み直すべき。この本で一番不満なのは目次。できれば索引もほしかった。せっかく色々書いてあるのに検索性がないのが痛い。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-11 (金) 16:23:58 (4638d)