第五作目「健二と小陰の隠れ子」

■妖怪と精霊の間で右往左往するケンジの甘酸っぱい(?)ひと夏の物語。

[配布形式] フリーソフト
[バージョン ] 1.00
[年齢制限] なし
[動作環境] Windows XP/Vista/7/8
[ 公開日 ]  2013年10月14日

ダウンロード※ふりーむ!様のページに飛びます。

■サンプル画像






■物語概要
 小学六年生のケンジは夕方五時過ぎ、友達とかくれんぼをして遊んでいた。
 ケンジは鋭い勘を発揮する鬼役のジュンによって追い詰められるが、偶然近くの物陰にいた見知らぬ女の子に助けられ、危機を脱することに成功する。しかし、不可解なことにその後の記憶がなく、気が付いたら公園の地面に横たわっていた。
 ミルテ(自称、木の精霊)曰く、その女の子は人間を食べる妖怪だという。にわかには信じがたいケンジはそのことを確かめるべく、忠告を無視して再び女の子のもとへ会いに行った。
 果たして、女の子の正体とは? そしてケンジの運命や如何に!?

■登場人物
◎ケンジ
 小学六年生で主人公。とても素直で純粋な心を持つ少年。
 頼り(?)になる兄と姉がいる。
◎コカゲ
 見た目ケンジと同い年くらいの大人しい性格の女の子。
 いつもどこかの陰に潜みながら公園で遊ぶ子供たちを眺めるのが日課。
 人ごみと明るい場所が苦手。
◎ミルテ
 外見は10歳くらいのツノの生えた女の子。
 その正体は木の精霊(自称)。樹齢は100年(自称)。
 趣味はケンジをおちょくって遊ぶこと。
◎ジュン
 かくれんぼの鬼役。ケンジと一番仲の良い友達。
◎ヤマちゃん
 同じクラスの男友達の一人。
◎モっちゃん
 同じクラスの男友達の一人。

■スタッフ
[シナリオ、影絵、演出] euno
[キャラ絵(女の子)]  ぽた餅
[背景&BGM]     フリー素材
[テストプレイ協力]   不思議ノベル制作部メンバー一同

■その他
・「健二と幼木の精霊」の続編です。
・プレイ時間は約1時間30分程度。
・三種類(BAD,NORMAL,GOOD)のエンディングを用意してあります。
・ご感想などありましたらメールフォームよりどうぞ。