著作権いろいろ

著作権に対する私の理解を、できるだけ分かりやすくさくさくと書くことを目的としたページです。よって間違いもあるかもしれません。

著作権とは

作品に対する作者の権利を明確にすることによって、作者の権利を守り、公正に利用するための法律。要するに勝手に作品を使われないためのルール。

著作者が持つ権利は2つ。
 ・著作者人格権 ------第18〜21条(保護期間は制限なし)
 ・著作権(財産権) ----第21〜28条(保護期間50年)

著作者人格権に含まれるのは、公表権・氏名表示権・同一性保持権の3つです。それ以外が著作権です。ほかに係わる権利としては出版権や著作隣接権などがあります。キャラクターの利用に関して言えば商標法も係わるかと思えます。

非親告罪の著作権侵害

親告罪というのは権利者が訴えてはじめて裁判沙汰になります。(そして裁判で負けたら罪です。罪ではないから悪くないかというと、断言できるものでもないのですが)
親告罪でない著作権侵害については第123条をご参照下さい。関係あるのは第121条かと思います。その内容をカンタンに書きましょう。
作者名偽って、既成作品の複製品出しちゃいけません。
あとは複製を防止するための装置を改造したりしたら、それも非親告罪の著作権侵害になるようです。


あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券