ワイルド・キャット(2)について考えよう

超能力で患者を治すアブダールトスリキという医者が話題になっている。
ネネは人助けのために超能力を使っているのは良い事だと言うが、気になってしまう三助。
ところがアブダ―ルトスリキは患者に莫大なお金を請求していた上に、超能力で患者の胃と三助の胃を取りかえてしまった!?エンゼルジョーが気になるネネ。
超能力をかけられ、ネネの前に現れるエンゼルジョーだが呪縛から必死に抵抗し、「なぜE・S・Pを使わない?」という一言で、ネネはエンゼルジョーが誰かに操られている事に気づく!ネネとエンゼルジョーと三助、この三人の運命は…ゴキブリ横丁と俗称されている通りにある、一軒の小さなスナック・バー「度ッ恋処」。
そこのママ中里葉子はシングルマザーで気が強いくせに、涙もろくて、お人好し、人を信じやすくて頼りない。
だから騎士(ナイト)がついてなくっちゃ。
「度ッ恋処」で働く村雨良ことムラちゃんには不思議な力が…。
「他人の人生を変える権利は無い」と、思いつつもついつい人助けをしてしまうムラちゃん。
不意に流れ込んでくる他人の気持ち―超能力で読み取って、超能力で人助けをする。
人間の欲深い心に、鋭いメスを入れる…“超能力症候群”にかかってしまったムラちゃん。
道行く女性に超能力の暗示を無意識のうちにかけてしまい、服を脱がせてしまう!これは男の病気“欲求不満”のせいなのか?仕事を休んだムラちゃんを心配して様子を見に行くママ。
果たしてママも無意識の暗示にかかってしまうのか…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001756