シークを愛したら(2)[コミック]の解説

灼熱の砂漠が巡り会わせた運命の恋人・マイケル・ハサーン。
熱く心惹かれ、情熱のキスを重ね、全てを捨てても貫きたい愛だった…。
しかし、マイケルはスマル王国の国王(シーク)であり、定められた婚約者がいると知ったジェンセン。
彼と結ばれることは絶対に許されないと知りつつ、溢れる思いは抑えきれない。
そして、二人は、ジェンセンの兄を追い、危険な隣国アジャニへ向かった…。
記憶喪失になり霧の中をさまよっていたリンは、ジェイクに助けられる。
連れて行かれた病院で、彼が自分の婚約者であることを知らされる…。
しかし、記憶を失う前のリンは彼にとって相当ひどい女性だったらしく、ジェイクの母までもがリンに敵意をもっていた。
高価で派手なドレス、濃厚な香りの化粧品、セクシーな下着、差し出されたものすべてがリンのものだというが…。
リンの記憶が戻ったとき、真実が明らかになる!!歴史大河ギャグ漫画の傑作が登場!! 幕末に大活躍する維新の志士たち、そこにいたるまでの日本には「なが〜い」歴史がある!! 話はさかのぼって、四百年前の関ヶ原では…。
ギャグマンガ初の試み、著者懇親の「ギャグ注」付き!! 新しい歴史観が話題を呼んだ、第8回手塚治虫文化賞特別賞受賞作品!!関ヶ原の戦いは東軍・徳川家康の大勝利に終わり、三百年の太平に向けて徳川時代が開幕する。
しかし、日本国内では関ヶ原合戦後の各藩の処遇を巡り混乱が続く。
そして、各地の大名を巻き込み、徳川家と豊臣家の最後の戦いがはじまった!! 二代将軍・徳川秀忠、山内一豊ら登場。
冬の陣により、豊臣家とともに大坂城も消えた。
そして、真田幸村、後藤又兵衛ら戦国の武将たちも歴史の舞台から立ち去る。
徳川幕府も三代将軍・家光のときには完全に礎が築かれ、それを補佐したのが弟・保科正之だった。
松平肥後守正之、水戸光圀ら登場。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011959