〜魔法の鍵〜

■2018年05月06日(日)  2年前の家庭科調理実習 後日談(?)
grp0506234441.jpg 600×800 158Kむりじさん、みゅうさん、真由美ファンさん、コメントありがとうございました。
どうやら、作文中に出てきた「男子寮での合気道稽古」が気になったようで。
身体の疼きを人質に、いろんな約束をさせられてしまっていますね。
……という訳で、私もこの稽古が一体どんなものなのか……ということに、興味が湧いてきましたので、即興でイラストとストーリーを考えてみました。
30分程度で書いたラフ原稿みたいなものなので、表現もいろいろ不十分なところもあり、これをそのままストーリーとして採用するかどうかはわかりませんが、ご覧いただければと思います。


【結衣香の合気道稽古】
〜2年前の家庭科調理実習 後日談〜

結衣香が男子寮に「合気道の稽古」のために出向いた。
男子が用意してくれたという特製道着……それは、胸元まで大きく開いた襟を持つ道着の上着と、袴とは名ばかりの前後の真ん中が真っ二つに割れたスカート状の袴だった。
特に、袴の上方……すなわちちょうど身に着けたときに下腹部から股下のあたりは、大きくくり抜かれた形になっている。
そんな特製道着を身に着けた結衣香は、ただ立っているだけでも、大きく開かれた襟の間から、胸の膨らみとその頂点に色づく乳首、そしてスカート状の袴にある、大きくくり抜かれた穴から、アソコの割れ目とその割れ目を覆う淡い若草、そしてお尻の全貌が、すべて丸見えになるような格好になるのだった。
女の子として隠さなければならない部分が、すべて露出するようにデザインされた道着である。
しかし、そんないやらしさがにじみ出る道着を身に着けることを自ら許してしまった結衣香に、この道着を拒否することはできない。
そんな道着に身を包んだ結衣香は、稽古を見学したり参加したりする男子に囲まれる中、あらゆる恥部を晒して道場に足を踏み入れたのだった。

型のひとり稽古、そして組み稽古……合気道の稽古に励む結衣香に、自らの恥部を隠すような余分な動きはない。
それはすなわち、技を繰り出すたびに、胸を揺らし、乳首を震わせ、お尻をひねり、股間の割れ目を捩る恥辱の姿を、男子たちの目の前に晒すことになる。

そして乱取り稽古がはじまると、男子たちとの自由組み手となる。
どのような方法でもいいから、結衣香の膝を畳につければ男子の勝ちとなり、取り組み時間である3分が経過するまでは、負かした結衣香を自由にすることができる。
一方、乱取り中に一度でも膝をついた場合は、結衣香はその時点から一切の抵抗を放棄して、勝者である男子に身を委ねなければならず、取り組み時間が終わるまでの間、何をされようとも、すべて無抵抗で受け入れなければならない決まりとなっている。

とは言え、たとえ相手が1年生の女子であろうとも、幼いころから合気道を嗜んでいる結衣香に1対1でかなう男子はおらず、組んだ瞬間に身体をひねり回され、畳に転がされるばかりである。
男子たちは、秘部を晒しながら対峙する結衣香の身体に、指一本触れることができない。
しかし、そんな難攻不落の結衣香であっても、その砦が破られるのは、時間の問題でしかなかった。
何しろ、乱取り稽古は結衣香が勝ち続けている限り、相手をする男子の人数が、2人、3人、4人……と、どんどん増えていくのだから……。
2人までであれば楽に、3人相手でも辛うじて身をかわしながら男子を投げ回していた結衣香だったが、さすがに4人を同時に相手したときには、取り組み時間を1分回ったところで、死角から身体を押さえ込まれたときに、隙ができた足元をすくわれて、畳に膝をついてしまったのだった。
どのような形であろうとも膝をついた時点で結衣香の負けとなり、それ以降、取り組み時間の3分が経過するまでの間、対戦相手の男子に、その身体を委ねてなすがままとならなければならない。
しかも、今の結衣香の姿は、胸もお尻もアソコも、すべての女の子の性的弱点を露出した無防備極まりない格好である。
タイムリミットまでの約2分間、結衣香は4人の男子生徒に乳首を摘ままれ、クリトリスを捩じられ、膣と肛門に指を入れられて責め立てられる……という陵辱を、一切無抵抗で受け止めることになったのだった。

それ以降、結衣香の乱取りにおける勝率は激減した。
勝てば対戦相手が増え、負ければ恥辱の限りの責めを受ける。
さらに男子たちは、対戦人数が増えるにつれて乱取り中でも余裕が出てきたようで、乱取りの最中でも胸や股間をまさぐり出し、結衣香にまともな組み手を許さないような取り組みをすることもあった。

さらに、より実戦的な稽古として、身体の一部を拘束して自由を奪われた状態での取り組みや、短刀取りとして、バイブを手にした男子を相手にする稽古も行われた。
片手を背中に回した状態での取り組みでは、2対1の対戦までは男子を投げ飛ばしたものの、3人を相手にしたときに膝をついてしまった。
そして、両手を使えない状態として背中で手首を拘束されてしまえば、1対1も厳しく、2対1となった時点で簡単に組み伏せられるようになった。
短刀取りの乱取りでは、バイブが結衣香の身体に触れた時点で男子の勝ちとなるため、複数人の男子を相手にしては、完全にかわし切ることは困難だった。
それはすなわち、負けたときに複数本のバイブで責め立てられるということでもあり、畳の上で無抵抗を約束させられた結衣香は、ヴァギナとアナルにバイブを何度も挿入されては畳に恥ずかしい汁を垂らして染みをつくる……という恥態を繰り返しさせられたのである。
その間、一切の抵抗はしてはいけないものとされ、男子を相手に好き勝手な格好を強いられ、そして好き勝手に恥部を弄ばれるのだった。

また、朝起きてからこの合気道の稽古が始まるまで、トイレに行かず、一切の用を足していない状態で稽古に臨んだ結衣香は、乱取り稽古中にとうとう失禁してしまい、2人の男子を相手に手首を極めた状態で、股間から濃い色のオシッコを垂れ流すという醜態を晒したのだった。

稽古の終わりのころには、ふたつの穴にバイブを挿した状態で男子を相手に乱取り稽古をするという屈辱的な稽古までさせられ、取り組み中に潮を吹いて逝き果てるという、無様な姿を晒すまでに至ったのだった。

このようにして、同学年の1年男子から上級生である2年、3年の男子まで、数十人を相手に稽古をした結衣香は、3時間の稽古の間に二桁を超す絶頂を味わわされ、2回も失禁するという恥辱の稽古にその身を弄ばれたのだった。
コメント(絵文字を使わないようにしてください)【上限:500字】
  • みゅう(2018/05/07 00:47)
    すぐに合気道編の文章を作っていだだいき驚きました。本当にありがとうございます。大事なところは丸出しで、かっこよく男子を投げ飛ばす結衣香ちゃんの挿絵は良いですね。オシッコを垂れ流す結衣香ちゃんやバイブで責められる結衣香ちゃんの挿絵もみたくなりますね。神聖な道場を酷く汚してしまった結衣香ちゃんには追加の反省が必要ですよね。
  • あきら(2018/05/08 11:06)
    女子の些細な抵抗をシンプルなルールと人海戦術でゆっくり圧殺、挙句の果てに我慢できなくなり何かをしながらの無様な失禁&絶頂という、聖女の全てが詰まったような素晴らしい文でした。これでラフ原とは驚きです。
  • むりじ(2018/05/08 21:19)
    またまた素晴らしいイラストとストーリー、ありがとうございます&ごちそうさまです。見学の理沙先生は審判とタイムキーパー役でしょうか? きっと理沙先生は勝負が着くと一旦時計を止め、「参りました」と、結衣香ちゃんが畳に頭を擦り付けて礼をし、身を委ねる際のポーズを男子に指定してもらい、男子たちの手が実際に触れ始めてから計測を再開するのでしょう。しかし、結衣香ちゃんが「敗者の義務として勝者に身を委ねる」に反している判断されれば時計は止められてしまいます。ロスタイムというわけです。例えば両手を後頭部に組んで脚を開いて立つ捕虜のようなポーズの場合、オマンコを弄られて脚をすぼめてしまったり、敏感な肉芽を摘ままれて腰を引いてしまったり、胸を触られて猫背になってしまうのも違反と見なされます。それどころか、小さな悲鳴や顔を背ける行為や表情なども理沙先生は見逃してくれないでしょう。例え乳首やクリトリスや割れ目の内外やアナルを弄る男子たちの指先にたまたま催淫剤が付着していようとも、結衣香ちゃんは抗議の声ひとつ上げることを許されません。何度も逝かされてしまうのも当然ですよね。(妄想続く)
  • むりじ(2018/05/08 21:38)
    稽古後「私のオシッコと大量の愛液で神聖な道場を汚してしまい、申し訳ありませんでした」と、何度も逝かされて疲弊した結衣香ちゃんが、土下座で男子たちに謝る姿が目に浮かびます。掃除道具は着ていた道着と結衣香ちゃんの舌でしょうか。当然掃除の最中も男子たちはイタズラしてくるだろうし、バイブも前後に挿入されたままなのかもしれませんね。掃除の後はお仕置きですかね。結衣香ちゃんは風呂場でまんぐり返しのポーズをとらされ、自分の顔に放尿しなければなりません。オナニーを行わされ、潮吹きの愛液を顔に浴びなければなりません。道場に与えてしまったことを自分にも、というわけです。そして、稽古、掃除、お仕置きという一連の行為を男子が撮影して、写真入り校内新聞として貼り出されて見世物にされてしまいます。という妄想をしてしまいましたw
  • みゅう(2018/05/13 22:47)
    むりじさんの妄想がとても良いです♪結衣香ちゃんが負けてしまったら、男子の指定したポーズで動いてはいけないという設定は良いですね。例えば両手を地面につけて両足開脚で静止する場合、膝を地面につけてしまったら、最初から時間をやり直しにして再度同じポーズを取らせるのも面白そうです。 土下座で謝る結衣香ちゃんを想像すると楽しくなりますね。バイブを入れられて道着で掃除しているさなか、潮吹きや失禁してしまったら理沙先生が怒って、あとは舌で掃除しなさいと命令しそうです。  その後のお仕置きは、結衣香ちゃんの部屋のベッドで実施するとより反省しそうですね。まんぐり返しのポーズで自分の顔に放尿し、浣腸されて排泄を我慢しつつ、オナニーして複数回潮吹き絶頂しなければいけないところを想像するとワクワクしますね。
Name   Message   

■2018年05月05日(土)  聖女学園の短編エピソード「2年前の家庭科調理実習」の追加コンテンツを公開
grp0505233953.jpg 600×800 80K2年前のGWに公開した「2年前の家庭科調理実習」ですが、1年前のGWにボリュームアップさせ、加えて「昼休みの全校放送」という長編グルメレポート番組を公開しました。
そして今回、今度はあの家庭科調理実習と全校放送があった翌日に、結衣香が書かされた作文「感謝の言葉」を公開しました。
担任教師の理沙や男子生徒たちに、とても熱心に、そして親身になって指導してもらい、躾けてもらった結衣香が、そのときの出来事を思い浮かべながら、自分の非協力的な態度に対する謝罪や、理沙や男子生徒たちに感謝の言葉などを、作文の形で書いたもの……という体裁です。
この作文を読むと、いかに結衣香が反省し、そして理沙や男子生徒たちに感謝をしているか(笑)よくわかると思います。
このように、授業の内容を振り返って、そのときの「素直な気持ち」を思い出させてあげるのは、教育的にとても大事なことなんだと思います(笑)

まぁ、この作文原稿にたどり着くまでに、5回も書き直しをしたようですけど……ね♪

最近では、スカトロ系ストーリーに対する風当たりもあり、少々自粛していますが、たまにはいいかなぁ〜ということで。
とは言え、今回は直接的なイラストはなく、文章のみでの表現となっていますので、それほどスカトロ感はないかもしれません。
それよりも、こういう文章を書かされている結衣香の本当の気持ちを、作文の中から読み取ってもらえれば……と思います。


さて、先日の日記に描いた女エージェントのイラスト&ネタ、むりじさんにとても熱いコメントを寄せていただきました。
むりじさん、ありがとうございます。
しかも、いろいろと裏設定やその後の運命まで考えていただいて……。
本番ネタが入っているということで、少々うちのサイトの中での展開は難しいかもしれませんが、たまにはこういった女スパイものを考えるのも楽しいです。
女スパイと理不尽な尋問というのは、定番のグッドシチュエーションですからね。
コメント(絵文字を使わないようにしてください)【上限:500字】
  • むりじ(2018/05/06 19:41)
    男子寮での合気道稽古が良いですねー。絶対に勝てない理不尽な勝負を自ら願い出て、その敗者のさだめとして男子たちに無抵抗で身を委ねなくてはならないとは。稽古の時間が終わるまで、結衣香ちゃんは何度恥をかかされてしまうのでしょう。大勢の暴漢に監禁されてしまった設定の訓練として、目隠しに後ろ手拘束で男子たちと闘うのも良いかも。もちろん負けたときは……。
  • みゅう(2018/05/06 20:12)
    結衣香ちゃんのエピソードの更新ありがとうございます。「その後の授業」や「放課後の親睦」などの詳細が書かれてあり良かったです。  また、「合気道稽古」も気になりますね。3年生の時の強い結衣香ちゃんもみてみたいですね。男子との乱取りで無敵の強さをほこるが、徐々に身体を拘束され後輩にも負けてしまう結衣香ちゃんの屈辱を想像するのも楽しいですね。
  • 真由美ファン(2018/05/06 23:15)
    実際の授業の様子やイラスト入りの完全版を是非読んでみたいです。
Name   Message   

■2018年05月03日(木)  GW後半突入
grp0503224955.jpg 600×800 100KGWも後半が始まりましたが、ところによっては天気が荒れていたところもあるようです。
皆さんも、外出の際には気をつけましょう。


さて、先日、アンケートのお礼イラストを送るようになってから、たくさんの方からメールをいただき、追加でお礼イラストを送ってきました。
GWに入ってからもメールは届いており、逐次対応をしているところです。
今のところ、いただいたメールにつきましては、お礼イラストをお送りし終えていると思っています。
もし、メールを送ったのにお礼イラストが届いていない方がいましたら、お手数ですが改めてメールを送っていただけますでしょうか。

ちなみに、メールを送って下さる際に、感想やコメントを添えていただけるのはとても嬉しいもので、たいへん楽しく読ませてもらっています。
ただ、中には感想のメールなのか、お礼イラストを希望するメールなのか、判別が難しいメールもあります。
感想の文章とともに、今回のアンケートお礼イラストを希望される方は、メール本文中に「お礼イラストを希望」とはっきりとその旨を書いていただければ、迷わなくて済みますので、どうぞよろしくお願いします。


ちなみに、現在GW中の更新を目指して鋭意執筆中です。
ちょうど1年前のGWに、「2年前の調理実習」として結衣香のストーリーとグルメレポートを公開しました。
あれから、また1年がたったということで、結衣香のストーリーにコンテンツを追加しようかと考えています。
うまくまとまれば、GW中にアップしたいと思いっています。


それから今回のイラストは、敵につかまって「尋問」を受けていた女エージェントが、敵の隙をついて脱出を試みているところ……を描いてみました。
とは言え、両手の拘束もそのままで、自由に動かすことができないままでの逃走となってしまったため、乳首に結びつけられた分銅も、ヴァギナとアナルに挿入されたままとなっているバイブも、自力では取ることも抜くこともできず、結局、恥辱の尋問を受けているときそのままの格好で、逃走しなければならない状況に……。
当然のように「薬」も使われて尋問を受けていた女エージェントの股間からは、バイブの刺激もあいまって、逃走中も愛液が止まることはありません。
しかも、実はお尻の穴には浣腸も受けていて、あと10分で脱出に成功するか、「しかるべき場所」で「しかるべき行為」をしなければ逃走中の通路の真ん中で「大参事」を迎えてしまうという、「時限爆弾」まで背負わされてしまっています。
彼女自身、自分が感じるお腹の反応具合から考えて、そのタイムリミットを正確に把握しています。
果たして、この女エージェントは、敵の目をかいくぐりながら、無事脱出を成功させることができるのでしょうか?
ちなみに逃走を開始してからこの時点までの間に、既に2度の絶頂を迎えており、そのうち1回は潮吹きまでしてしまっている……という状態で、現在3回目の絶頂に向かって身体の性感がどんどん高まっていっている最中です。
しかし、この女エージェントは、逃走中に3回までなら絶頂を迎えても体力はギリギリ持つ……と計算しているようで、ラスト1回の絶頂を抑え込むべく、身体の状態をコントロールしようとしているところです。
ただ、この時点において彼女が自分の身体の状態を冷静に分析した上での見立てでは、自分の身体が絶頂を抑えられる時間は、あと8分が限界……と考えており、お腹が耐えることができる「時限爆弾」よりも2分早くそのときが訪れる……と判断しています。
3回目の絶頂――それはこれまでの2回の絶頂を超える深い絶頂となることを感覚的に理解している彼女ですが、その絶頂を迎えてしまえば、体力の限界を迎えて、足腰が立たなくなって、その回復までに5分は要すると計算しています。
すなわち、3回目の絶頂で果てて膝をついてしまえば、その場で浣腸による時限爆弾――すなわち脱糞も避けられなくなるということです。
二重三重に、タイムリミットが近づいてくることを実感している女エージェント。
彼女の運命は???
……という妄想を考えてみました。
コメント(絵文字を使わないようにしてください)【上限:500字】
  • むりじ(2018/05/04 00:07)
    素敵なイラストですねー。この女エージェントはどんな尋問を受けていたのでしょう。そして、あと少しで脱出というところで敵に見つかってしまい、大勢の敵に包囲されて、その中で2つのタイムリミットを連続で迎えてしまうのではないでしょうか。敵の前で生き恥を晒してしまった女エージェントは心を折られてしまい、敵にやすやすと連行されてしまうことでしょう。敵は逃亡を企てた女エージェントに、もはや手心を加えることなく、それまでの何倍もの苛烈で否人道的で恥辱を与える尋問を実行するでしょう。という妄想が湧いてしまいましたw
  • ロック(2018/05/04 01:05)
    >むりじさん イラストとショートストーリーへの感想、ありがとうございます。恐らく、この女エージェントは既に敵の監視カメラには補足されていて、その行動が追跡された状態になっていることでしょう(笑) 既にひととおり彼女を「尋問」している敵方の方でも、彼女のタイムリミットは正確に把握していて、戦力の投入タイミングを計っている……というところでしょうか。泳がされているとも知らず、敵の目を避けながら脱出を図る女エージェントは、敵の戦略にはまって、出口からどんどん離れたところへと誘導されるとともに、決してその通過点にトイレがないよう、逃走経路をコントロールされてしまっていることを、まだ気づいていません♪
  • むりじ(2018/05/04 10:27)
    監視カメラ、いいですねー。もしかしたら彼女はスキを突いて逃げ出したのではなく、敵がわざと作ったスキに乗せられて逃亡するようにし向けられたのではないでしょうか。必死に逃げようとすればするほど、乳首の分銅は揺れ、足運びによってバイブの刺激は強くなり、彼女を性的に追い込んでしまうのです。その様子を敵方はカメラを通して見ているのです。やがて耐えきれなくなり、膝を突いて、ブルブルとお尻を震わし、さらには恥ずかしい潮吹きまでも見せてアクメに陥る彼女を、敵方はカメラを通じて余すところなく見物して笑うのです。彼女が何度果てるか、その時間や回数を賭けているかもしれません。そもそも彼女のような腕利きのエージェントがなぜみすみす敵の手に落ちるようなことになってしまったのでしょう。3つの可能性を考えて見ました(続く)
  • むりじ (2018/05/04 11:44)
    1、彼女のによる陰謀。彼女の上司は様々な不正に手を染めていたのですが、彼女に疑われてしまうのです。そこで上司は邪魔な彼女を始末するべく、敵のアジトへの潜入命令を与えるのです。もちろん裏で敵と通じているので彼女はあっさりと捕まってしまうのです。 2、彼女の同僚(男)が実は彼女のストーカーのようになっていて、自分の思い通りにしたいために、彼女の潜入を敵方に通報してしまうのです。3、彼女の同僚(女)による裏切り。彼女の恋人に一方的に片思いしているこの同僚は彼女をなきものにするために敵に売り渡すのです。うまく投稿できないので分割投稿します。
  • むりじ (2018/05/04 11:49)
    1と2の未来。執拗な性的な尋問、拷問を受けた末に彼女は、拘束され、目隠しに耳栓状態で犯されてしまいます。催淫剤と繰り返し行われた性的な拷問によって常に性的に高められている彼女は抵抗むなしく、正体の分からない相手の執拗な凌辱に敗北を喫してしまいます。心ならずも腰を振り、女の肉で相手を喜ばすように喰い締めてしまうのです。何度も。何度も。そんな凌辱が数日繰り返された後、ついに彼女の目隠しと耳栓が外されます。それも凌辱の最中に。当然彼女は激昂し、自分を裏切った男を罵るのですが、それでも身体は言うことを聞かず、裏切り者を体内に咥えながら非常に激しく果ててしまうのです。そんな屈辱行為を連日繰り返され、やがて彼女は何もされなくなってしまいます。薬だけが与えられ、性的お預け状態に陥らされてしまいます。耐えきれなくなった頃を見計らって、裏切り者の男がやって来ます。そのとき、彼女は自分を保ったまま男を拒絶することができるでしょうか? 彼女の拘束は最低限なものになっています。最も憎い男にひざまづき、土下座して凌辱を願ってしまうのでしょうか? 彼女が凌辱を願った後、男はある秘密を明かします。「お前に与えている催淫剤はニセ薬で、今や何の...
  • むりじ (2018/05/04 11:54)
    「お前に与えている催淫剤はニセ薬で、今や何の効果も無いものだ」と。彼女は「これは薬のせいだから仕方がない」という、最後の最後にしがみついた言い訳さえも剥がされ、慟哭しながら盛大に愉悦の潮を吹き、男を咥えたままアクメに陥ってしまうのです。完全敗北します。 長すぎてうまく投稿出来ないようです。連続投稿ごめんなさい。
  • むりじ (2018/05/04 12:08)
    3の未来。非常に常習性の強い催淫剤を与えられ続け、性的拷問を繰り返し受けた彼女は、ある日急に解放されます。最初のうちは欲情に耐える彼女でしたが、やがて薬欲しさに自分を裏切った同僚女の言いなりになってしまいます。まるで奴隷のように。夜な夜な彼女は同僚女の命令で夜の公園に赴き、ホームレスの男たちと変態行為を行うことになります。その様子を同僚女は偶然を装い彼女の恋人に見せ、彼女が捕まっていたときの性的拷問の動画も見せて別れさせようとするのです。……うーん。ありきたりストーリーですかねw
  • レオナルド(2018/05/05 23:16)
    素晴らしい絵ですな魔法の鍵ではあまり無いスパイ物のお話も読んでみたいです
Name   Message   

過去ログ 2006年10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 12月 
2008年01月 04月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月